1. HOME
  2. ブログ
  3. ゆかりママの健康コラム 「第6回 腎臓病だとわかったら、まず、取り組むことについて その三」

ゆかりママの健康コラム 「第6回 腎臓病だとわかったら、まず、取り組むことについて その三」

ゆかりです‼️

鴨池校区で、中学生・小学生・保育園生の4人の子育て奮闘中の母です‼️

今村総合病院で看護師をしています‼️

今は腎臓病療養指導士としても活動しているところです‼️

少しでも、地域の方に、情報提供ができ、力になれたらとの思いで始めます‼️

腎臓の話はもちろん、色々な医療の情報提供が出来たらと思います‼️

このコロナ禍、ストレスが溜まる事の多い日常ですが、やはり、『健康が1番』

このようなご縁があり始めさせて頂く事になました‼️

健康管理に何かしら役に立てたら光栄です‼️

ゆかりママの健康コラム

第6回
〜腎臓病とわかったら、まず取り組む治療について その三〜

 

前回、第5回は、腎臓病にかかったときの治療のお話の2回目でした。

ゆかりママの健康コラム 「第5回 〜腎臓病とわかったら、まず取り組む治療について その二〜」

腎臓病と診断されたら、生活習慣の改善も含め、気長な治療が必要です。

医師、看護師、栄養士、薬剤師や家族と相談しながら、日常生活に上手に治療を取り込んでいきましょう。

 

今回は、日常生活の注意点について


過労を避け、規則正しい生活を送る

睡眠不足や働きすぎなどで、身体への過剰な負担は腎臓に負担をかけます。十分な休暇や睡眠をとりましょう。無理をしないよう心がけましょう。


②ストレスをためない

ストレスは腎臓に行く血液の量を少なくしてしまい、腎臓の働きを悪くします。なるべくストレスを溜めないようにしましょう。


③体を動かしすぎない

適度な運動は体力を維持するためにも必要ですが、過度の運動は老廃物を増やすため、腎臓に負担をかけます。どの程度の運動をすればいいのか、個人差がありますので、主治医に相談してみましょう。運動後は十分な休息を取り、大切なのは運動と休息を上手に組み合わせることです。


④禁煙

喫煙による酸化ストレスは脳血管・心冠動脈血管を含めて、全身のありとあらゆる血管を障害します。微細な血管の集まりである腎臓も例外ではありません。喫煙本数が多いほど腎機能低下リスクは高まります。腎臓だけでなく、脳梗塞・狭心症・がん発症の危険因子でもあるため、禁煙は疾患予防のための重要な因子です。


⑤飲酒

適量を守ることが大切です。適切な分量はお酒の種類に関係なく1合程度を目安としましょう。お酒自体がカロリーを有し、一緒に食べる〝おつまみ”にもカロリーや塩分を多く含むものがあることを忘れないで下さい。

 


⑥感染予防

慢性腎臓病(CKD)の患者さんは免疫力が低下しており、感染症にかかるリスクが高いです。感染症は腎機能の増悪を引き起こす要因の一つです。日頃からマスク着用・うがい・手洗いを心がけましょう。また、コロナ・インフルエンザ・肺炎球菌などのワクチン接種を受ける事をお勧めします。


腎臓の働きを保つには生活習慣の改善が重要です。

生活習慣の改善には、セルフケア(自己管理)が大切です。何か分からない事や心配なことがあれば、遠慮しないで、主治医や医療スタッフへ相談しましょう。

 

当院(今村総合病院)の腎臓内科外来では、CKDステージG3b以上の方で希望がある方に療養指導を行っています。

 

『腎臓財団』ホームページも、是非ご覧ください‼️

日本腎臓財団 ホームページ

 

 

 


毎週月曜日は、ゆかりママの健康コラム

第7回もお楽しみに。

関連記事