1. HOME
  2. ブログ
  3. ゆかりママの健康コラム 「第3回 〜自分の腎臓の状態を知りましょう〜 早期発見・早期治療が決めて」

ゆかりママの健康コラム 「第3回 〜自分の腎臓の状態を知りましょう〜 早期発見・早期治療が決めて」

ゆかりです‼️

鴨池校区で、中学生・小学生・保育園生の4人の子育て奮闘中の母です‼️

今村総合病院で看護師をしています‼️

今は腎臓病療養指導士としても活動しているところです‼️

少しでも、地域の方に、情報提供ができ、力になれたらとの思いで始めます‼️

腎臓の話はもちろん、色々な医療の情報提供が出来たらと思います‼️

このコロナ禍、ストレスが溜まる事の多い日常ですが、やはり、『健康が1番』

このようなご縁があり始めさせて頂く事になました‼️

健康管理に何かしら役に立てたら光栄です‼️

ゆかりママの健康コラム

第3回 〜自分の腎臓の状態を知りましょう〜

前回、第2回は、慢性腎臓病についてのお話と、腎臓病の検査をお勧めしました。

ゆかりママの健康コラム 「第2回 慢性腎臓病とは?」

今回は、早期発見・早期治療のお話です。

もし腎臓病と診断されたら、腎臓の働きをこれ以上悪くしないことが治療の基本となります。
進行してしまうと、失われた機能を取り戻すことはできません。
しかし、早期に発見し、適切な治療を受けることで、進行を止めたり、遅らせたりすることができます。
そのために、まず、定期的な尿検査と血液検査を受け、自分の腎臓の状態を知ることをお勧めします。

こんな検査があります。

◎一般的な検査◎

尿検査
・尿タンパク
尿にタンパク質が出ているかを調べるものです。
タンパク質は本来、尿に漏れ出してくることはありませんが、腎臓に障害があると漏れ出してきます。

・血尿
血尿といっても目で見えるとは限らず、顕微鏡で見てはじめてわかる場合もあります。

 

血液検査
・血清クレアチニン(正常値 0.5〜1.1mg/dl )
腎臓の機能が落ちてくと尿に排泄されず、血液中にたまるため、血液検査で確かめられます。

・血中尿素窒素(正常値 5〜20mg/dl )
クレアチニンと同様に尿に排泄されますが、腎臓の機能が落ちてくると尿に排泄されず、血液中にたまります。

 

◎さらに専門的な検査◎

画像検査
・レントゲン・エコー・CT・MRIなどの検査のことで、腎臓の大きさや形、結石、腫瘍があるかないかなどがわかります。

腎生検
・腎臓病が疑われる場合に行われる検査で、腎臓の組織を採取し、その変化を見ることで、腎炎の種類や病気の程度が分かります。

 

腎臓病の重症度の分類

腎臓病の重症度は、腎臓のはたらきの程度と、糖尿病や高血圧などの腎臓病の元になっている病気、尿タンパクの状態を合わせて評価します。

慢性腎臓病(CKD)の重症度分類

早期発見・早期治療

 

GFR(採血)とタンパク尿(検尿)の両方を検査してCKDの重症度を評価し、適切な治療を行うことが重要です。

腎臓の働きの程度と治療の目安

 

『腎臓財団』ホームページも、是非ご覧ください‼️

日本腎臓財団 ホームページ

 

 

 


毎週月曜日は、ゆかりママの健康コラム

第4回もお楽しみに。

関連記事