1. HOME
  2. ブログ
  3. ゆかりママの健康コラム 「第2回 慢性腎臓病とは?」

ゆかりママの健康コラム 「第2回 慢性腎臓病とは?」

ゆかりです‼️

鴨池校区で、中学生・小学生・保育園生の4人の子育て奮闘中の母です‼️

今村総合病院で看護師をしています‼️

今は腎臓病療養指導士としても活動しているところです‼️

少しでも、地域の方に、情報提供ができ、力になれたらとの思いで始めます‼️

腎臓の話はもちろん、色々な医療の情報提供が出来たらと思います‼️

このコロナ禍、ストレスが溜まる事の多い日常ですが、やはり、『健康が1番』

このようなご縁があり始めさせて頂く事になました‼️

健康管理に何かしら役に立てたら光栄です‼️

ゆかりママの健康コラム

第2回 〜慢性腎臓病とは?〜

前回、第1回は、腎臓の働きについてのお話と、健康診断をお勧めしました。

ゆかりママの健康コラム 「第1回 腎臓の働き」

 

今回は、慢性腎臓病のお話です。

『成人の8人に1人は、腎臓病の疑いがあります』

さまざまな原因で腎臓の働きが徐々に悪くなる病気を「慢性腎臓病(CKD)」といいます。

慢性腎臓病(CKD)とは

①腎臓の働き(GFR)が健康な人の60%未満に低下

②たんぱく尿があり、血液検査、画像診断で腎臓の異常を認める

①②どちらか、または、両方が3ヶ月以上続いている状態を表します。

(下の健康診断の結果はGFR=75.0だから今の所問題ナシ)

原因

腎臓そのものが悪くなる場合(慢性糸球体腎炎など)と、糖尿病や高血圧から腎臓が悪くなる場合があります。

糖尿病や高血圧を防ぐことで腎臓病を予防したり、その進行を遅らせたりすることが出来ますので、生活習慣病を改善することは大変重要なことなのです。

 

下の図は、慢性腎臓病(CKD)の危険因子

 


腎臓の働きが低下すると、腎臓は調子が悪くなっても自覚症状があらわれてませんが、腎臓の働きが1/3ほどまで低下すると、以下のような自覚症状があらわれることがあります。

腎臓の働きが正常の60%以下になると、心筋梗塞や脳卒中になる危険が増すと言われています。腎臓病の早期発見・早期治療は、腎臓病を守るだけではなく、腎臓病や脳卒中予防にもつながります。
したがって、定期診断などで腎臓病を検査をすることがとても重要です。

 


毎週月曜日は、ゆかりママの健康コラム

第3回もお楽しみに。

関連記事