1. HOME
  2. ブログ
  3. ゆかりママの健康コラム 「第13回 フットケアについて」

ゆかりママの健康コラム 「第13回 フットケアについて」

ゆかりです‼️

鴨池校区で、中学生・小学生・保育園生の4人の子育て奮闘中の母です‼️

今村総合病院で看護師をしています‼️

今は腎臓病療養指導士としても活動しているところです‼️

少しでも、地域の方に、情報提供ができ、力になれたらとの思いで始めます‼️

腎臓の話はもちろん、色々な医療の情報提供が出来たらと思います‼️

このコロナ禍、ストレスが溜まる事の多い日常ですが、やはり、『健康が1番』

このようなご縁があり始めさせて頂く事になました‼️

健康管理に何かしら役に立てたら光栄です‼️

ゆかりママの健康コラム

第13回 フットケアについて

 

前回、第12回は、腎臓病なんでもQ & Aのお話でした。

ゆかりママの健康コラム 「第12回 腎臓病なんでもQ &A」

今回は、『フットケア』についてご紹介します。

足の病変は、QOL(生活の質)・ADL(日常生活動作)を低下させるものであり、予防的ケアが欠けせません。


特に糖尿病があると、抵抗力が低下し感染しやすくなったり、傷口が化膿しやすくなったりします。また、血流障害を起こし、できた傷が治りにくくなり、潰瘍(かいよう)や壊疽(えそ)まで進んでしまうことがあります。

 

フットケアの方法

 

当院(今村総合病院)では、フットケア指導士が『フットケア外来』を行なっています。
糖尿病を持つ方が、足の障害を防いで、いつまでもご自身の足を守っていけるよう、それぞれの患者さんに適した日々のお手入れ方法を一緒に考え、ご自身でケアできるようにお手伝いさせていただく外来です。

 

ご希望の方は、今村総合病院、皮膚科外来にて『フットケア外来』のご予約をお願いします。

 

写真は【当院のフットケア指導士】


毎週月曜日は、ゆかりママの健康コラム

第14回もお楽しみに。

関連記事