1. HOME
  2. ブログ
  3. 女性の為の小さな学校 『プティエコール』第3回講座報告

女性の為の小さな学校 『プティエコール』第3回講座報告

講座「ピラティス」

9月16日(水)真砂福祉館にてピラティス講座を開催しました。

講師は土屋裕子さん。土屋さんはピラティスインストラクターとして県内外問わず幅広い年齢層の方にセッションを提供されているエキスパートです。

講師の土屋さん↑

今回は“美しい姿勢とボディライン作り”というテーマの下、ピラティスの基礎となる部分を教えていただきました。

集まったのは30代~60代の女性13名。コロナ対策の為、距離をとり、マスク着用のままスタートしました。司会はFMぎんが・あやねさん。ラジオ取材も兼ねながら明るくスムーズに進めて下さいます。

まずはピラティスって何?というところから。

参加者のみなさんは、ほとんどがピラティス初体験。リハビリの為に考案されたものであることや、呼吸法、骨盤の模型を使って体の仕組みなどを教わり、その後、体を動かしていきました。

簡単そうに見える動きも実際やってみると普段使っていない筋肉が思うように動いてくれなかったり、プルプルしたり「効いてるな~」と実感。

途中、ボールやタオルを使ったストレッチなどもあり、みなさん楽しみながらも真剣な様子で自分の体と向き合っていました。

コロナ禍で、リモートや小規模開催が続いたプティエコール。

今回初めて地域のみなさんが参加しての開催となりました。

終了後のアンケートには

「なかなか体を動かすことがなかったので楽しく参加できました」

「体も心もリフレッシュできたような気がします」

「普段使わない部分を使って疲れたが楽しかった」などの感想をいただき、

短い時間でしたが、それぞれ充実した時間を過ごされていたようです。

距離を取りながらでも同じ空間で笑い合ったり、一緒にピラティスをすることで、ほぐれていく体と心。人と人とが出会う日常が、こんなにも嬉しいものなのだと改めて感じる機会となりました。

また、今回は10月講座の講師を務めて下さる内村由美子さんが、ご自身の配信されているウェブマガジン「かごじょプレス」の取材も兼ねてゲスト参加して下さり、講師の方々の交流の場にもなりました。

今後もプティエコールでは小さな学び、小さな幸せを感じられる講座を計画していきます。みなさんのご参加お待ちしています!

なお、講座の様子をFMぎんが“かもいけまちづくり情報局”でも後日放送予定です。

毎週水曜日(再放送金曜日) お昼12:30~放送しています。ぜひ聞いてみてください♪

関連記事