1. HOME
  2. ブログ
  3. 「防災の日」と「防災週間」について

「防災の日」と「防災週間」について

9月1日は防災の日

防災週間は8月30日から9月5日となっています。

 

防災の日は1923年9月1日に発生した関東大震災にちなんだもので、関東大震災の教訓を忘れない、という意味と、この時期に多い台風への心構えという意味を含めて、1960年に内閣の閣僚了解により制定されました。

防災の日および防災週間では、各地で災害についての認識を深めるための防災フェアや防災訓練などが予定されていますので、積極的に参加しましょう。また、各家庭ではもしもの時に備えて防災グッズの準備・点検や避難場所の確認などを行っておきましょう。

防災の日に関する鹿児島市のホームページはこちら

 

 

[参考]:昭和57年5月11日 閣議了解

1.政府、地方公共団体等防災関係諸機関をはじめ、広く国民が、台風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波等の災害についての認識を深めるとともに、これに対する備えを充実強化することにより、災害の未然防止と被害の軽減に資するため、「防災の日」及び「防災週間」を設ける。

2.「防災の日」は、毎年9月1日とし、この日を含む1週間を「防災週間」とする。

3.この週間において、防災知識の普及のための講演会、展示会等の開催、防災訓練の実施、防災功労者の表彰等の行事を地方公共団体その他関係団体の緊密な協力を得て全国的に実施するものとする。

関連記事